小太郎さん、その後
e0203889_2144846.jpg

ご無沙汰ながらの、地道な更新(笑)

小太郎さんの闘病(?)生活も半年を過ぎ。

毎日カテーテルでの排尿介助も順調(笑)
おしっこが出なくなってしまった以外は、本人は食欲旺盛で元気。


ありがたいことです。


下半身麻痺も、全く歩けない、というところまでいかず
おぼつかないながらも、自力で移動できる程度で進行はゆっくりになっているようす。


どうなっていくのかな。


と、さきのことを考えても仕方ない。
今、目の前にいてくれる彼との時間を私なりに大事にしていきます。


まだ「できることがある」と思えるだけ、幸せなことです。
いつかは手を離れてしまうもの。


それは、どんなことにも言えますね。


来月には小太郎も10歳。

まだまだ頑張ろうね。
[PR]
# by kotamama89 | 2016-06-27 22:46 | diary
自宅ケア
通院が10日を過ぎ、排尿に若干の快復は見えるものの、量としてはまだまだ…ということで、通院してましたが、いよいよ年末が差し迫り、「自宅ケア」をすることに。

カテーテルとか注射器とか、処置に必要な消毒薬等一式いただき、自宅でオシッコを抜く。

大人2人(犬を抑える人と抜く人)居ないと難しいかと思われたこの作業。

なんと3回目にして、私一人で出来るようになった。

e0203889_11025169.jpg

「どーぞー」的な小太郎。

利口だとは思ってたけど、こんなに利口だとは…(笑)

e0203889_11025279.jpg

注射器一本25ml抜くのに5分以上かける。

溜まってる時は8本以上抜くので一時間近くかかることも。

この時は途中から小太郎は寝てて、まあめんこいこと。

私は疲労が溜まってきている。
上手に解消していこう。





[PR]
# by kotamama89 | 2015-12-29 11:00 | diary
メリークリスマス!
e0203889_00043817.jpg


問題だった尿道閉塞は解消されたものの、なかなかオシッコが出ない小太郎。

毎日通院しています。

e0203889_18072926.jpg


小太郎は、外でするようになってしまったので、家の中では「我慢」することを覚えてしまいました。

この「我慢」がね。
病に繋がったかな、と反省はありますが

反省したところでね。

こうしてできることをしてあげれる幸せと、歩けなくても元気でそばにいてくれる。

当たり前ではない幸せを痛感しながら、過ごしております。


[PR]
# by kotamama89 | 2015-12-25 00:01 | diary
オシッコを出さないと
e0203889_01422092.jpg
麻痺のせいで後ろ足がピーンとなっちゃう^^;


退院してから毎日通院中です。

寒さからか、私の体調が危うくなっております。
は〜な〜み〜ず〜が〜…。

犬は体重1キロに付き、60ml程度の水の摂取が必要なんだそうです。
で、呼吸とか唾液とか鼻水とか目とか…に持ってかれる以外が、オシッコとして排出されるわけで

オシッコ(お散歩)で摂取した水分の半分(まではいかない?)くらいがオシッコとして出て行くらしく。
(先生も、ちゃんとした計算式を覚えてないけど…と言いながら教えてくれました)

小太郎は体重が10キロあるので(パグのわりにでかい…)、オシッコは一回の散歩で100ml~150mlくらい出るのが理想?(一日に2回お散歩をするとしたら約300ml…)
お水の摂取量にもよるわけですが。

深夜と朝と昼と…と折りをみて外に出し、オシッコを試みていますが、今日は出が悪く、多分24時間で20mlか30mlも出てないんじゃないか?

という感じだったので、う〜ん…。

一番の課題は、この寒さ。

雪の無いお散歩場所があるといいんですが。
今からなんとか室内排泄が可能なようにしてあげるにはどうしたらいいのか、思案中です。
子どもの時にちゃんと躾けたんですけどね…。

自宅を買って、ストレス無しに散歩に行ける開放感と嬉しさが小太郎に伝わったのか、たった2回のお散歩で家の中でしなくなってしまいました…。←むしろ外でするなと教えなくてはいけなかった…。

反省しています…。

病院で出会った、ダックスちゃんの飼い主さんは
「3年前から腰を悪くして、排尿が出来なくなり、ずっと自宅でカテーテルで排尿させている」
とおっしゃってました。

大変だな、と思いつつ、そういうことも視野に入れないといけないかもしれませんね。
今の小太郎は、麻痺の問題というよりは、膀胱を詰まらせている結晶のようなものがあるので、そこがなんとかなれば…ということで投薬と通院。

尿に解けるタイプの結晶だから、頑張れば改善できるんじゃないか、という希望。

ダックスちゃんの飼い主さん、辛いのは毎日のカテーテルではなく、痛そうなその子の鳴き声なんだと言ってました。

本当、分りますね。


病院に連れて行くこと自体に、どうこう言う人もいるかもしれません。
※お姑さんがそうでした。
でも、放置したらどうなるか。そこに私が望まない結果になる可能性があるものを、放置は出来ません。

小太郎は大事な家族です。
e0203889_02153819.jpg
9歳。白くなりましたw


[PR]
# by kotamama89 | 2015-12-20 01:41 | diary
小太郎さんの入院
小太郎が月曜日から入院していました。
e0203889_21182963.jpg

病院に向う小太郎。

日曜の夜からオシッコの出が怪しくなり、月曜日の朝には一生懸命排尿のポーズをしているのにオシッコが出ていない。

「これはマズいな…」と急いで病院へ。


尿結石か膀胱炎か。
いずれにしても尿道が塞がれているとのことで、このまま自力排尿が出来ないと腎不全などで死んでしまうのでそのまま入院。

自力排尿をさせるにも、病院という環境の中でオシッコをしようとしないので
まず今夜自宅でリラックスした環境でオシッコが出来るかどうか様子見で退院してきました。
e0203889_21182971.jpg

おかえり〜♪
最高潮に寂しい3日間でした。

それでもまだ様子見の段階。
改善しなければ、手術も視野に入ってきます。

今夜の散歩と、明朝の散歩。

がんばろうね。
[PR]
# by kotamama89 | 2015-12-17 21:17 | diary